スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

シンプル

これは、なんでしょう??

RIMG0149.jpg





これは、木製建具(木の扉)の手を掛けるところ(手掛け)です。
RIMG0153 (1)

手掛けと言っても、指1本しか入りませんので、
「指掛け」?です。
RIMG0154.jpg


これはなんでしょう??
RIMG0150.jpg







これは、給湯器のリモコンです。
RIMG0151.jpg

以前より断然、小さく、そしてシンプルになりました。
その名も「スタイリッシュリモコン」です

どちらも小さく、そしてシンプルです。
突き詰めていくと、どんどんシンプルになっていくんですね。

時代の流れに合わせて、私の身体も「シンプル」になれればいいな。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
スポンサーサイト
2012-11-08(Thu)
 

ご報告:バス見学会「あこがれの建築家との家づくりを考える一日」

先月の話になってしまいますが、9月23日に第3回バス見学会「あこがれの建築家との家づくりを考える一日」を開催しました。

この見学会は、竣工した(現在お住まいになっている)3件のお宅を見学する企画です。
3人の建築家が設計を3邸1日で回るため、それぞれ異なる建築家の個性を比較して見ることができます。

また、この見学会は、実際にお住まいなっているお客さんの「生の声」が聞けたり、暮らしぶりが分かるので、とっても家造りには参考になります。私たちにとっても引渡し後、建物がどのように変化しているのか、お施主様がどのような暮らし方をしているのかを知る、いい機会でもあります。

家づくりをする基本は、何と言っても「現場」を見て、知ることです。
雑誌や本やネットなどでは、分からない生の部分をぜひ体感していただければと考えています。
バス見学会(923)
さて、今回の第3回バス見学会に参加した建築家は、ア・シード建築設計さん、アトリエハルさん、アトリエ六曜舎さん。
参加者は6組でした。
こじんまりとしていますが、全員でバスで移動し、現在お住まいのお宅にお邪魔するので、このぐらいの人数が適正なのかな、と思っています。
じっくりと話ができるというのも、この規模ならではです。



お休みの日にも関わらず、ご自宅を見せていただいたお客様、本当に、ありがとうございます。
そしてご参加いただいた参加者、建築家の方、ありがとうございました。

次回、第4回バス見学会は、11月18日(日)12:30~17:30で予定しております。
今回は、半日で3件のお宅を訪問する予定です。

詳細は、ホームページで公開しています。是非、お気軽にご参加ください。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
2012-10-19(Fri)
 

第3回 バス見学会開催します!

今日は、お知らせです。

今回で、第3回となるバス見学会「あこがれの建築家との家づくりを考える一日」を開催します。
blog-0923.jpg(クリックで拡大します。)
「建築家との家づくり」。憧れはあっても、敷居の高いイメージがありませんか?

どんなメリット・デメリットがあるのか?気になるコストは?工期は?どんな流れでプランが決まっていくのか?実際の住み心地は?…などなど疑問もたくさんあるのではないでしょうか。

そんな数々の疑問を一挙に解決できる住宅見学バスツアーを開催します。

それぞれ違う個性を持つ人気建築家が手掛けた入居後のお宅3件を訪問、さらに建築家も同行するので、家づくりへの疑問や質問などをじっくり話すことができます。
また、建築予定地の資料を持参して、深い相談をすることも可能です。
もちろん、まだ具体的な計画がなくても、お気軽にご参加下さい。

お施主様の生の声を聞くことが出来ると、大変好評の見学会です。本物の家づくりを実感して頂けると思います。
まだ若干お席に余裕がございますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

日時:平成24年9月23日(日) 10:00~16:00
集合場所:東京都武蔵野市JR中央線「武蔵境駅」(北口)
参加費:無料

参加設計事務所はこちら!(クリックでホームページにジャンプします。)
ア・シード建築設計
アトリエハル
アトリエ六曜舎

※完全予約制です。
※詳細はお申込み後にお知らせします。
※入間市、入間郡、調布市の3物件の見学を予定しています。

☆お問い合わせ&お申込み先
お電話の場合:042-238-7033 (株式会社内田産業)
メールの場合:info@uchida-sangyou.co.jp


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
2012-09-11(Tue)
 

地鎮祭 その2

地鎮祭が終わると、神主さんから【鎮物】を受け取ります。
鎮物は、「鎮物」は、土地の神様に対する貢物。基礎工事の時に、建物のほぼ中央に埋めます。

写真②
気になる中身ですが、一般的には、鉄板によって作られた人形(ひちがた)や刀、楯・矛・鏡、また石やガラスの玉、氏神様の境内の清浄な砂か小石、五色の幣串や祭典で神籬として用いた榊の芯などなど。

鉄製の人形は、昔むかしに行われていた「人柱の儀礼」が形式化したものとのこと。
恐ろしいですね…人形で済む時代で良かったです。

これは、前回とは、違う雰囲気の地鎮祭の写真。
写真③
地鎮祭の祭壇も色々です。
写真④
鎮物も違う雰囲気の物もあります。


いま、会社の壁には、地鎮祭の時にお施主様、設計事務所さん、営業、監督と撮った写真を飾っています。
画像
だんだん一杯になってきました

一つ一つの現場には、地鎮祭からはじまってたくさんのドラマや思い出が生まれます。
これからも、たくさんの出会いが素晴らしいものになりますように。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
2012-08-29(Wed)
 

地鎮祭

久しぶりの更新になってしまいました。
今日は、地鎮祭についてです。

工事を始める前に【地鎮祭】を行います。
地鎮祭という言葉、聞いたことがあっても、実際に家を建てた経験のない方には、なかなか馴染みのないものなのではないでしょうか。

地鎮祭(じちんさい・とこしずめのまつり)とは、工事を始める前に、その土地の神様(氏神様)を鎮め、土地を使わせてもらうことの許しを得るためのものだそうです。
一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており「安全祈願祭」と呼ばれることもあります。
また、鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言うそうです。

地鎮祭

これは、地鎮祭の祭壇です。
祭壇にお供えするものは…
お酒
お米


そして、お供物です。
お供物は、海の幸・山の幸・野の幸を揃えます。

神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。
内田産業では、現場の監督さんは、この日に初めてお施主様と会う事になります。

さあ、これからいよいよ工事が始まります!

工事の無事を祈り、そして「このお施主様に喜んでいただける家を作るぞ!」と神聖な場で、気合の入る地鎮祭です。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
2012-08-22(Wed)
 
プロフィール

内田 嘉哉

Author:内田 嘉哉
川越市に本社を、西東京市に営業所を持つ建設会社の社長をしています。1974年生まれの38歳です。

いくつになったの?
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。