スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

地鎮祭 その2

地鎮祭が終わると、神主さんから【鎮物】を受け取ります。
鎮物は、「鎮物」は、土地の神様に対する貢物。基礎工事の時に、建物のほぼ中央に埋めます。

写真②
気になる中身ですが、一般的には、鉄板によって作られた人形(ひちがた)や刀、楯・矛・鏡、また石やガラスの玉、氏神様の境内の清浄な砂か小石、五色の幣串や祭典で神籬として用いた榊の芯などなど。

鉄製の人形は、昔むかしに行われていた「人柱の儀礼」が形式化したものとのこと。
恐ろしいですね…人形で済む時代で良かったです。

これは、前回とは、違う雰囲気の地鎮祭の写真。
写真③
地鎮祭の祭壇も色々です。
写真④
鎮物も違う雰囲気の物もあります。


いま、会社の壁には、地鎮祭の時にお施主様、設計事務所さん、営業、監督と撮った写真を飾っています。
画像
だんだん一杯になってきました

一つ一つの現場には、地鎮祭からはじまってたくさんのドラマや思い出が生まれます。
これからも、たくさんの出会いが素晴らしいものになりますように。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
是非、クリックお願します。
スポンサーサイト
2012-08-29(Wed)
 
プロフィール

内田 嘉哉

Author:内田 嘉哉
川越市に本社を、西東京市に営業所を持つ建設会社の社長をしています。1974年生まれの38歳です。

いくつになったの?
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。